園の紹介

保育園概要

タピックちきゅう保育園

名  称企業主導型保育事業所 タピックちきゅう保育園
運営主体医療法人タピック  理事長  宮里 好一
管 理 者園 長  金城 朝子
所 在 地〒904-2173 沖縄県沖縄市比屋根一丁目16番2号(沖縄リハビリテーションセンター病院向かいのタピックこども館)
連 絡 先TEL 098-987-8114  FAX 098-987-8113
開  園令和元年9月1日
利用定員69名
開園時間7時30~19時(延長保育時間を含む)
入園対象0歳児(生後6ヶ月:相談可)~5歳児(就学前までの幼児)
職  員園長、主任保育士、保育士、保育補助者、栄養士、調理師、事務員
嘱 託 医小児科、歯科医

◆開園日・開園時間および休園日について

開 園 日
月曜日~土曜日
休 園 日
日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
標準時間
7:30 ~ 18:30
延長保育
18:30 ~ 19:00(別途料金が発生します)

※非常災害や感染症の流行時、または緊急事態が発生した場合には臨時に休園する場合があります。
※本園の提供する教育・保育の目的の為、休園日に開園する場合があります。


◎特別保育事業

<延長保育>
保護者の就労等で、認可を受けた保育時間以降も保育が必要な場合に利用できます。
◎利用料金(標準保育時間) 18時30分~19時 / 30分 150円
<世代間交流、異年齢児交流、その他>
本園関連施設の高齢者の方々や地域の方々と積極的に交流を図り、催し物・行事にも参加していきます。
関連施設社会福祉法人タピック、沖縄リハビリテーションセンター病院、介護老人保健施設亀の里、ラ・ペジーブル泡瀬、デイサービスあわせ、沖縄百歳堂デイケアセンター等、おきなわ地球こども園(沖縄市比屋根4-23-1)
グループ施設を
利用した保育教育
動植物とのふれあい(東南植物楽園、ネオパークおきなわ)、レジャープール、馬遊び(ユインチホテル南城)

<保育所地域活動事業>

小学校の児童、中学校・高等学校の生徒、専修・専門学校、短期大学、4年制大学の学生のボランティアや就業体験、実習の受け入れを行います。

施設概要

東面外観

東面外観

ピロティ

ピロティ

2階玄関ホール

2階玄関ホール

沐浴室

沐浴室

0歳児保育室

0歳児保育室

1歳児保育室

1歳児保育室

2歳児保育室

2歳児保育室

3,4,5歳児保育室

3,4,5歳児保育室

えほんのへや

えほんのへや

お遊戯室

お遊戯室

病児保育室

病児保育室

大きな砂場

大きな砂場

園庭

園庭

入園式

入園式

教育・保育目標

教育・保育目標

「タピックちきゅう保育園」の設立理念

基本的な視点(生命を愛する、環境・科学・社会・地球への愛のある人、レジリエンスがあり、困難を乗り越えたくましく生きる力を持ち、他者とともに幸せを分かち合う世界を創るよう努力し続ける人を、家族と地域とともに形成するために貢献する。)のもとに、そのためのこどもたちの教育と保育のしくみを整え、それに携わる職員の成長と幸せを実現する施設を目指します。

施設の目的・運営方針

本園は、幼児期における教育・保育を生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであると位置付け、企業主導型保育事業要領・保育指針に基づき乳・幼児教育・保育を一体的に提供してまいります。

  1. 児童憲章総則にも宣言されているとおり「児童は人として尊ばれる。児童は社会の一員として重んぜられる。児童はよい環境の中で育てられる。というこどもにとって最善の保育教育を保護者の皆様、地域の皆様と共に作っていきます。
  2. 園児の健やかな成長が図れるよう、その心身の発達を助長するとともに、必要に応じ、保護者に対して子育てに関する悩み・相談に対応できる体制を構築します。
  3. 園児との信頼関係を十分に築き、園児が自ら安心して環境にかかわりその活動が豊かに展開されるよう環境を整え、質の高い教育・保育の提供と地域の子育て支援の拠点としての機能を果たすよう努力してまいります。

企業主導型保育事業とは

企業が従業員の子どもを預ける保育園を設置することにより、安心して、出産・育児ができるための制度です。
医療法人タピック及び他の事業所に勤務する従業員が、保育所待機児童の解消をはかり、離職防止、就労の継続を推進するため、仕事と子育てとの両立に資する事を目的としています。

目指す子どもの姿

  • いのちを大切にする子ども
  • 人の気持ちがわかる子ども
  • 自分で見て考え、自分のことばで話す子ども
  • 豊かに感じとり、表現する子ども
  • 人と物の関わりを喜ぶ子ども
  • 助け合い、力をあわせる子ども

教育・保育目標

一人ひとりの子どもを大切に、子どもの生活や育ちの連続性に配慮した教育・保育を目指し、遊びの中から発見があり、遊びの中から感動あり、遊びの中から自分らしく生きる力を育みます。仲間と共に、保護者と共に、地域と共に、育ち合う力を育みます。


こどもたちの



  • 感じる心

    感じる心

    健康で活動的な子ども

  • つながり合う心

    つながり合う心

    感情豊かな
    思いやりのある子ども

  • 感じ合う心

    感じ合う心

    よく見、よく聞き
    よく考える子ども

を育みます。

(1)健康で活動的な子ども

健康で活動的な子ども

  • 健康・安全に必要な基本的生活習慣を身につけることができる
  • いろいろな遊びに挑戦し、最後までがんばることができる
  • 園のきまりや約束を守り、安全に気をつけて活動する
  • 友達と体を動かして元気よく遊ぶ

(2)愛情豊かな思いやりのある子ども

愛情豊かな思いやりのある子ども

  • すすんであいさつができる
  • 身近な人々に親しみ、感謝の気持ちをもつ
  • 友達のよさに気づき、一緒に活動する楽しさを味わう
  • 自然や動植物と触れ合い、生命の尊さに気づき、いたわり、大切に世話をしたりする

(3)よく見、よく聞き、よく考える子ども

よく見、よく聞き、よく考える子ども

  • 人の話を注意して聞き、相手に分かるように話すことができる
  • 絵本や物語に親しみ、想像して楽しむ
  • 遊びの中で様々な発見を楽しみ、考えたり工夫する
  • 日常の生活のなかで、言葉や文字、数量や図形などに関心をもつ

保育から教育へ

ちいさな芽を大きく健やかに 生きる力と心を育みます

聞く力(聴く力)
赤ちゃんは胎内にいる時から 様々な音を聞いています。そして、聞いた音を選びとり、じっと聴くことで、よい耳が育ちます。
見る力(観る力)
生後2か月ぐらいになると、赤ちゃんはお父さんお母さんの顔をじっと見つめます。見る力はそこからだんだんと育っていきます。じっと見ること、観察することは子どもたちの脳にたくさんの情報を運んでくれます。
感じる力
見たり、聞いたりした情報に対する感じ方は一人ひとり違います。それぞれの個性を大切に、豊かな経験を通して様々に感じる心を育てます。
話す力
言葉を覚えるようになった子どもたちは、経験したことを思い出して、言葉にすることで、記憶が整理され、保存することができるようになります。自分の思いを話すことは、自分を表現することにもつながっていきます。
考える力
見たり、聞いたりした情報を自らの経験に基づいて考えることを促します。よく感じ、よく考えることは創造する力、思いやる力も育てます。
行動する力
子どもの行動する力は「やってみたい」という意欲がもとになっています。そんな子どもたちの意欲を伸ばし、挑戦し、行動する力を育てます。
やりとげる力
うまくいかないことがあっても、自分自身の力で、あるいは仲間と一緒に、乗り越えてやり遂げる。「わかった!」「できた」という一つひとつの達成感を大切に、やり遂げる力を育みます。
園の紹介
1日の過ごし方
年間行事
園名
企業主導型保育事業所
タピックちきゅう保育園
運営主体
医療法人タピック
理事長 宮里 好一
所在地
〒904-2173
沖縄県沖縄市比屋根1丁目16番2号(沖縄リハビリテーションセンター病院向かいのタピックこども館)
TEL
098-987-8114
FAX
098-987-8113
開園時間
7:30~18:30
(延長保育19:00まで)
利用定員
69名
入園対象
0歳児(生後6ヶ月)~5歳児(就学前までの幼児)